キャリコン流 前向き キーワード3選

上司・部下・同僚・友人・恋愛・夫婦・親子など私たちは、常に人との関係性の中に存在しています。人間関係においては誰しも悩みや不安を一つや二つは持っており、一朝一夕にその不安・悩みを解決できるものではありませんが、今回はキャリアコンサルタントの《だいさん流》相手を『前向きにさせる』とっておき3つのキーワードをお伝えしますね。

いつもブログを読んでくださりありがとうございます!ブログを読んでくれた人が、ほんの少し『明日が待ち遠しい』と感じていただけたら嬉しいです。ぜひブログへのコメントをお待ちしております!

どうして『前向き』になれない・させれないのだろう?

『前向きになれない』という想いには理由と原因があるんです。

前向きになれない 3大理由

  • 受け入れてもらえない という不信感(64%)
  • どうせうまくいかない という自信喪失(27%)
  • 失敗したらどうしよう という不安(9%

前向きにさせれない 3大原因

  • 失敗した時の責任は?という言葉・態度・表情(72%)
  • こうすれば良いよ!という成功イメージが伝わらない(18%)
  • 君なら大丈夫!というチャンス感がない(10%)

『前向きになれない』と感じておられる方・『前向きにさせれない』と感じておられる方 それぞれに理由や原因が存在しています。これらは若年者の早期離職に対する理由や、就労教育として求めることなどの内閣府から出ていく調査結果をもとに、私自身が教育機関に常駐するキャリコンとして、就職し3年以内に退職した卒業生約100名から直接聞き取りをした内容をもとにしています。

出典:内閣府
出典:内閣府

『前向きになる』『前向きにさせる』 魔法のキーワード3選

意識して使ってみることが大切!

あらかじめ断っておきますが、即効性があるわけではありません。そして人間関係の中で用いる際には、相手の反応が大切ですので当初は違和感に近い空気も漂ってしまうかもしれません。しかしきっと徐々に何かが変わりだす兆しが現れてきます。そう信じて意識して使ってみてくださいね。

自分を前向きにする 魔法キーワード3選

魔法キーワード1 

私が一番私を知っているから大丈夫!

魔法キーワード2

結果は結果。努力は嘘をつくはずがない!

魔法キーワード3

なんとかなる!なんとでもなる!

誰かを前向きにさせる 魔法キーワード3選

魔法キーワード1 

ありがとう。考えを聞いても良いかい?

魔法キーワード2

私の考えや想いを伝えても良いですか?

魔法キーワード3

一緒に頑張ってみませんか?

いかがでしたでしょうか。なかなか普段使い慣れないキーワードや、気恥ずかしく思えるキーワードかもしれませんね。しかし言葉が人の気持ちを左右する大きな力をもっていることは皆さんも認識されているかと思います。人はみな孤独であり、誰かが自分を見てくれている、知ってくれているという実感を伴うことで明日へ向かっていけるのだと思います。

キャリコンのカウンセリング基本姿勢

キャリアコンサルタントはこの基本姿勢を徹底して学び・必要とされています!

キャリアコンサルタントという資格を得るには、知識と技術が必要です。知識としては人間の心と体の成長の仕組みなどを心理学や行動学等の観点から理論的に学んでいきます。一方技術としては悩みや不安を持つ方の相談に応じる際の所作ならびに心構えを理論と実践をもとに徹底して学んでいきます。私の印象としては、この技術面がとても奥が深く、誰でもできそうで、できないという部分のように思います。

カウンセリング基本姿勢1 無条件の肯定的配慮(受容

肯定も否定もせず、話し手の気持ちをただそのまま受け止めることを意味します。悩みや不安を相談というシチュエーションで耳にした際を想像してみてください。『なんとかしてあげたい』『解決策を提示してあげたい』と考え、そう対応してしまうと思いませんか?でもそれって問題や課題を解決するという方向に早々に定めてしまうことになす。すると思い込みや勘違いという可能性があるかもしれないということに気づけに話が進んでしまうかもしれない。この思い込みや勘違いって相談者自身にも起こりえているという事があるんです。

カウンセリング基本姿勢2 共感的理解(共感)

話し手の世界を、その微妙なニュアンスに至るまで、その人自身になったかのような姿勢で感じ取り、感じ取ったことを相手に伝え返していくことを意味します。同じ人間ではないのだから、どこまで話しても相談者が抱えている不安や課題・問題を相談者と同じように感じることはできないと思われがちです。だからキャリアコンサルタントはこの部分の研鑽に努めます。例えるなら相談者が見ている・感じている世界を細部に至るまで、同じように自分の中に描くということです。

カウンセリング基本姿勢3 自己一致(一致)

カウンセラーが無理をしたり自分に嘘をついたりしていない姿勢を意味します。解決を急いだり、解決を急ぐあまり安易な結論を導き示してしまう。あるいは相談者を第1に考えた対応ではなく、他の誰かの意思や意向に沿う考えを示してしまうことなどを意味します。相談者にとって良かれと思って、思ってもいないことを口走ってしまうなども当てはまります。

さいごに

セルフ・キャリアドッグをご存じですか?

厚生労働省が推進している取組みで、企業がその人材育成ビジョン・方針に基づき、キャリアコンサルティン グ面談と多様なキャリア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に従業員の支援を実施し、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組み、また、そのための企業内の「仕組み」のことを意味しています。

キャリコンサルティングやキャリアコンサルタントの存在はもっと身近になっていくことを推奨しているということです。キャリアコンサルティングを受けてみたい・キャリアコンサルティングを社内で受けることになったがなんだか不安などお感じの際には、下記の書籍がとてもわかりやすく説明されていますのでぜひご参考にしていただければとも思いますし、よろしければ私と気軽にお話する感じで試してみていただいてもかまいません。

お問合せフォームもしくは、お問合せページからのいづれかからご連絡ください!

お気軽にお問合せならびに、ご相談ください。受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日含む ]

お問い合わせ・ご相談

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA